弊社がZTNA 2.0をおすすめする理由は「自社で実際に使っているから」

Jan 12, 2023
1 minutes
22 views

This post is also available in: English (英語)

この数年、多くの方の働きかたや働く場所が変化し、仕事は「場所」ではなく「活動」の問題になりました。弊社がゼロ トラスト ネットワーク アクセス(ZTNA) 2.0を公開したのもそのためです。ZTNA 2.0の目的は、厳しいセキュリティ要件を満たしながら、働く場所や使うデバイスに関係なく、業務に必要なデータとアプリケーションへのアクセスをあらゆる従業員に提供することにあります。

将来を見据え 現代の働きかたに合ったセキュリティソリューションを構築

パンデミックのピーク時には多くの企業が既存の仮想プライベートネットワーク(VPN)インフラの拡張に注力しました。新たにリモートワークを始める従業員に必要なリソースへの接続を提供するためです。しかし、企業はすぐに気付きます。VPNはほぼ完全なリモートワークに向けてセキュアな接続を拡張できる設計ではないのです。

なかには、「オフィス回帰(RTO)計画を実行すればVPNが問題を解消してくれる」と考える企業も存在します。ただしオフィスに回帰しても、オフィス境界外では依然、非常に多くの従業員がVPNを絶えず利用します。業務に必要な会社のアプリとサービスへの高パフォーマンスなアクセスを実現する、現実的なソリューションとしての需要があるためです。

また、企業境界の外部で従業員が働く以外にも、企業は重要なアプリケーションやデータを境界の外部にホスティングしています。例えばインターネットベースのアプリやSaaS (サービスとしてのソフトウェア)アプリが該当し、これらも保護と安全なアクセスが必要です。

場所やデバイスを問わないデータとアプリケーションへの安全なアクセスへのニーズはお客様以外にも

パロアルトネットワークスも他の企業と同じ課題に取り組んでいます。弊社では分散したリモートのコンティンジェント ワーカーが多数勤務しているほか、サンタクララ本社と各国のオフィスの周辺には従業員が集中しています。また、日々の生産性向上活動やミッションクリティカルなビジネスプロセスにクラウド型/社内ホスト/自社開発のアプリケーションとサービスを組み合わせて利用しています。

ZTNA 2.0は弊社従業員の場所を選ばない働きかたの支援に最適なアーキテクチャです。自宅やオフィス、喫茶店など、どこから働くとしても、たとえ1日のうちにそれらすべての場所を巡ることがあっても、安全で高速でスムーズなユーザーエクスペリエンスを実現できます。また、業務に必要なデータとアプリケーションへの安全なアクセスをクラウドや自社データセンターなどリソースの所在に関係なく確保できます。

パロアルトネットワークスでのZTNA 2.0導入モデル

弊社ではハイブリッドワーカーの保護にPrisma Accessを利用しています。ハイブリッド環境でのセキュリティ対策には継続的な信頼性検証のほか、全アプリと全データを対象とした継続的なトラフィック検査が必要です。これにより、データ漏えい、エクスプロイト試行、マルウェアを確実に阻止します。また、IDと権限レベルの管理など、ユーザー行動の追跡も求められます。

パロアルトネットワークスでのZTNA 2.0の実装 (クリックで拡大)
パロアルトネットワークスでのZTNA 2.0の実装 (クリックで拡大)

まさにこの機能を実現するのが、Prisma Accessを用いたZTNA 2.0です。こちらのページでは、ライフサイクルに関する5つの重要原則に沿ったPrisma Accessの導入とZTNA 2.0の利用について、弊社のITチームが詳しく解説しています。

  1. 最小権限アクセス: IPアドレスやポート番号などのネットワーク構成要素に関係なく、アプリケーションレベルとサブアプリケーションレベルでの正確なアクセス制御を実現します。
  2. 継続的な信頼性検証: アプリケーションへのアクセスを許可した後も、デバイスの状況、ユーザー行動、アプリケーション動作の変化に基づき信頼性を継続的に評価します。
  3. 継続的なセキュリティ検査: 許可された接続であっても全トラフィックを継続的かつ詳細に検査し、ゼロデイ脅威を含むあらゆる脅威を阻止します。
  4. 全データの保護: 1つのデータ損失防止(DLP)ポリシーで、プライベート アプリやSaaSアプリなどあらゆるアプリのデータを一貫して管理します。
  5. 全アプリケーションのセキュリティを確保: 最新のクラウドネイティブアプリケーション、社内用のレガシーアプリケーション、SaaSアプリケーションなど、企業が使用するすべてのアプリケーションを保護します。

弊社だけでなくお客様にとってもZTNA 2.0は未来への確かな道

弊社はZTNA 2.0の利用をお客様におすすめするだけでなく自社で実際に利用しています。ZTNA 2.0を導入すると、あらゆる組織が生産性と効率を犠牲にすることなくコンプライアンス要件とセキュリティ要件をより適切に満たせます。弊社Webサイトから、ZTNA 2.0の仕組みや、ZTNA 2.0によるセキュリティ課題の解決についての詳細をお確かめください。


Subscribe to Sase Blogs!

Sign up to receive must-read articles, Playbooks of the Week, new feature announcements, and more.